1. Top
  2. 機能ガイド
  3. Webメッセージ
  4. Webメッセージを作成する
Repro Web Repro Web

Webメッセージを作成する

作成方法

マーケティング>メッセージをクリックしてください。

新規作成ボタンから、Webメッセージ をクリックしてください。

次の画面で、Webメッセージで送るキャンペーンのテンプレートを選択することができます。

テンプレート

メッセージの種類を以下から選択できます。

ダイアログ

詳細はダイアログの概要をご確認ください。

バナー

詳細はバナーの概要をご確認ください。

吹き出し(β版)

詳細は吹き出しの概要をご確認ください。

画像アイコン

詳細は画像アイコンの概要をご確認ください。

オリジナル

オリジナルタイプのWebメッセージでは、HTML/CSS/JavaScriptを使い、一からWebメッセージを作成できます。
オリジナルタイプのご利用時は、必ずHTML/CSS/JavaScriptの知識や経験の豊富な人が操作と編集を行ってください。
詳細はオリジナルテンプレートを利用するをご確認ください。

キャンペーン

キャンペーン名とコンバージョンを設定します。

運用メンバーがキャンペーンの内容を認識しやすいように、わかりやすいキャンペーン名をつけることをおすすめします。

キャンペーン名

キャンペーン名を設定します。メッセージの一覧に表示されます。

コンバージョンイベントを指定

キャンペーンのゴールとなるイベントを最大2つまで指定できます。Webメッセージが表示されてから24時間以内に、これらのイベントを実施したユーザーの数が集計されます。

配信トリガーを設定する

配信トリガーによってメッセージの表示を制御することができます。

詳細は配信トリガーを設定するをご覧ください。

パターン

メッセージのパターンを2個以上作成することで、A/Bテストを行うことができます。

詳細はA/Bテストをするをご覧ください。

タイプ

スタンダードとカスタムの2タイプがあります。
スタンダードではメッセージの表示位置や色の調整、オーバーレイの調整が可能です。
カスタムでは、HTML/CSS/JavaScriptを用いて、スタンダードでは作成できないオリジナルのメッセージを作成することができます。

カスタムタイプの詳細はカスタムメッセージをご覧ください。

メッセージの表示タイミングを選択する

メッセージの表示タイミングを制御することができます。 ユースケースによってページスクロールやページ閲覧時間の設定を行います。

詳細はメッセージの表示タイミングを設定するをご覧ください。

メッセージの表示位置を設定する

Webメッセージが表示される位置をページ上に設定します。
表示タイプは ウィンドウまたはページ上に固定 、 要素を指定して固定 、 埋め込み の3種類があり、選択したテンプレートによって利用できる表示タイプが異なります。
以下の画像はオリジナルテンプレートを選択したときの設定画面です。

詳細はメッセージの表示位置を設定するをご覧ください。

プレビュー機能を使って確認する

作成したメッセージの挙動をWebサイト上で確認できます。
詳細はプレビュー機能を使って確認するをご覧ください。

配信対象者を各パターンに振り分ける

コントロールグループとパターンに配信するメッセージの比率を変更できます。

詳細はA/Bテストをするをご覧ください。

配信の詳細を設定する

配信期間や配信頻度などの設定をすることができます。

詳細は配信の詳細を設定をするをご覧ください。

配信対象を設定する

メッセージを配信するユーザーの属性や行動を指定します。

詳細は配信対象を設定するをご覧ください。

メッセージを公開・下書き保存する

メッセージ作成画面下部から、メッセージの下書き保存 / 公開 / 非公開を設定できます。
詳細はメッセージ一覧画面の概要をご覧ください。

下書き保存

メッセージの下書き保存ができます。

カスタムメッセージを作成後、下書き保存したまま管理画面の別ページへ移動すると、スタンダードタイプへ戻すことはできませんのでご注意下さい。

公開

メッセージを公開します。
設定した配信期間の開始時刻からメッセージが配信されます。

非公開

メッセージを非公開にできます。公開していたメッセージを一時停止する場合に使用します。
非公開のメッセージは編集項目に制限がかかり、以下項目については、編集不可となりますのでご注意ください。

  • パターンの追加
  • コンバージョンの変更
  • メッセージタイプの変更
  • 配信対象者振り分け比率の変更