1. Top
  2. スタートガイド
  3. STEP3.アプリにReproを導入しよう
  4. ユーザーIDを考える
Repro App Repro App

ユーザーIDを考える

ユーザーIDとは

アプリで管理している固有のユーザーIDを設定することができます。

設定できるユーザーIDは、サービスで使用している会員IDなどのユーザーを特定できる文字列となります。

ユースケース

ユーザーの特定

固定のユーザーIDを設定すれば、エンドユーザーが複数の端末を使っている場合でも、異なる端末から上がってきたセッションデータを同一のユーザー情報とみなすことができるようになります。

プッシュAPI

固定のユーザーIDを設定することで、Reproの管理画面からではなく、自社アプリのサーバーからユーザーIDを指定して、プッシュ通知を配信することが可能になります。

自社アプリのサーバーを通してプッシュ通知を配信する方法の詳細はAPIを利用して配信するをご確認ください。

ユーザーリストのインポート

自社アプリのサーバーから固定のユーザーIDをReproにインポートすれば、プッシュ通知やアプリ内メッセージの配信が可能になります。

ユーザーリストをインポートする方法の詳細はオーディエンスをインポートで新規作成するをご確認ください。

ユーザーIDを設定する

導入手順の詳細に関しては開発ドキュメントをご確認ください。

留意点

  • 重複の可能性が高い氏名などを文字列に設定すると、同一ユーザーが複数のデバイスをもっているとみなされます。
  • ユーザーIDを途中で変更する場合、新規ユーザーが端末を保持する扱いになリます。そのため、それまでの行動履歴・ユーザープロフィールは引き継がれません。
  • 未ログインの状態で、ユーザーIDを設定しないようにしてください。ユーザーIDが設定されていない状態で記録された行動履歴・ユーザープロフィールは、ユーザーIDをセットした後も引き継がれます。しかし、ログイン前にユーザーIDを明示的に指定してしまった場合、ログイン前とログイン後の行動履歴・ユーザープロフィールが別のユーザーのものとして取り扱われてしまいます。