1. Top
  2. お知らせ
  3. 機能アップデート | YouTubeとGoogleフォームの埋め込みに対応したSDKの追加
リリースノート

機能アップデート | YouTubeとGoogleフォームの埋め込みに対応したSDKの追加

What’s New

このたび、以下のSDKの最新版をリリースいたしました。このアップデートにより、Reproが提供している以下のSDKでYouTubeとGoogleフォームの埋め込み機能が利用できるようになりました。

  • Flutter SDK 1.1.0
  • Cordova SDK 6.1.0
  • React Native SDK 3.1.0
  • Cocos2dx SDK 5.1.0
  • Unity SDK 6.2.0 ※iOSのみサポート

アップデート内容

内包されるAndroid SDK及びiOS SDKがアップデートされています

Android

内包されるSDKがAndroid SDK 5.1.3になりました
※Android SDK は、5.1.0の以降のバージョンで、既にYouTube埋め込み及びGoogleフォーム埋め込みに対応しています

更新された内容は下記リリースノートよりご確認ください。
https://docs.repro.io/ja/releases/sdk/android/releases.html

iOS

内包されるSDKがiOS SDK 5.2.2になりました
YouTube埋め込み及びGoogleフォーム埋め込みに対応しました

更新された内容は下記リリースノートよりご確認ください。
https://docs.repro.io/ja/releases/sdk/ios/releases.html

Unity SDKのサポート範囲について

YouTubeの埋め込み機能は、Unitiy iOSで利用する場合のみサポートの対象といたします。
Unity Androidで利用する場合、OSの仕様上、エンドユーザーが埋め込んだ動画を再生することができません。Unity Androidで本機能を利用する場合は、サポートの対象外となりますので、ご注意ください。
ただし、Google フォームの埋め込み機能は上記に限らず、Unitiy iOS / Android双方のOSでサポートの対象となります。

YouTube埋め込み及びGoogleフォーム埋め込みについて

利用方法やユースケースは以下のリンクよりご確認いただけます。

ご利用にあたって必要な作業

ご利用のアプリに組み込んでいただく必要があります。

以下の更新手順を参考に、必要な作業をご確認ください。

機能要望・ご質問

Reproユーザーの場合:ユーザー向けSlackチャネルPluto内の #feature-requestsチャネルからご連絡ください。またはカスタマーサクセスチームへ直接ご連絡ください。
Reproユーザー以外の場合:フォームからご連絡ください。担当者よりご返信いたします。