1. Top
  2. ユーザーガイド
  3. オーディエンス
  4. オーディエンスのユースケース
Repro App

オーディエンスのユースケース

ユースケース

オーディエンスのユースケースを紹介します。

頻繁に作成するフィルターをオーディエンスに登録する

同じ対象ユーザーへのキャンペーンを何度も配信する場合、毎回セグメンテーションフィルターを作成し直すのは大変です。あらかじめオーディエンスを作成しておくことで、手間を減らすことができます。

特定のユーザーにピンポイントでメッセージを送る

インポートでオーディエンスを作成することで、特定のユーザーだけにアプローチできます。たとえば、抽選で1位に輝いたユーザーにお祝いのメッセージを送る、不具合が発生した特定ユーザーにお詫びの連絡を入れる、といったことが可能になります。

配信NGリストを作成し、配信対象から除外する

インポートでオーディエンスを利用することで、特定のユーザーIDリストをand notでセグメンテーションフィルターから除外することができます。たとえば、プッシュ通知の配信を控えたいエンドユーザーの一覧をオーディエンスに登録しておくことで、配信対象から除外することが可能になります。

クーポンの有効期限が切れそうなユーザをバッジで登録する

オーディエンスAPIやオーディエンスインポート(β)を利用することで、APIやS3経由でユーザーリストの更新ができます。更新されたオーディエンスを利用することで、クーポンの有効期限が3日後に迫るユーザーに「残り3日でクーポンが切れます」というアプリ内メッセージを表示させることが可能です。オーディエンスに登録した「残り3日でクーポンが切れるユーザーリスト」を定期的に更新することで、ユーザーリストをアップデートすることが可能です。